ブログトップ

まつ日記

pineshore.exblog.jp

まつ日記

<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

終わっちゃいましたね…ゲゲゲ

世間の皆様には怒られそうですが、これを見たい一心で毎朝欠かさず寝床から這い起きていた私…(夜型なもんで…)

おかげさまで早寝の習慣もつきまして

面白かったなぁ
漫画家という題材と昭和という時代が、ツボでした。何より茂さんがハマッテて、豪勢な役者陣の贅沢な使いっぷりが、朝から御馳走気分でした

調布や深大寺にも遊びに行っちゃいましたさ
鬼太郎茶屋で、グッズ買っちゃったさ
水木漫画を読み返してみたり


これからも早起きできるといいんだけどなぁ(←強い意志を持っていない時点でダメな気がする)
目指すは毎朝ラジオ体操なんですが、達成出来る日は来るのだろうか(笑)
[PR]
by pine_shore | 2010-09-26 23:48
BECKで壊れた勢いのまま…
東京ドーム5DAYS中3日参加

実は暑い最中、名古屋遠征もしており(笑)

日頃すっかりトーンダウンしてたもんで、番組も見ちゃいないし、情報には疎いし、ライブだけは見たいけど2回くらい見れれば充分だわ、なんて思ってたんす

CDもそうそうたる楽曲提供陣だけど、まあこんなもんだよね、とさほど評価してなかったんす

ライブも初めのうたは音のクオリティが気になり(どうしたって歌はアレだし、バンドが付いていても100%バンドサウンドじゃないし、何よりバンドじゃないし、音響よくないさ)、なんだか引いて見ちゃってる自分がいたんですが

次第に、ライブが何やら味わい深く感じられるようになり、どうやらこの手のライブの楽しみ方を思い出したようで(笑)

そう、ライブはライブでも、これはライブショウなんだよ。聴くんじゃなくて観るもんなのさ

そこが動員力の所以かなぁと思う

見せ方が上手いんだなぁ、44曲もやる4時間近いライブを、1曲ずつ演出を変え、飽きさせず楽しませる力がある。演出はお金があるから出来ることとは言え、それだけじゃない。それだけじゃStaffはいい仕事は出来ない


技術のある奴が集まればいいってもんじゃない、バンドはケミストリーなんだ

とBECK水嶋ヒロが三茶NOAHで言ってたが
上手い下手じゃなくて見えない力があるんだ。それは意図的に作れるものではなく、天賦のようなもの
メンバーみんなが、1+1が2ではないと感じ、自分がその1人であることの幸運と奇跡に感謝し、誰が欠けても成立しないと思っていて、自ら進んで出来ることを精一杯やる
そんな集合体が、いいバンドであり、いいクルーブであり、いいチームなんだと思う


御託は置いといて、あ〜楽しかったぁ〜!!シアワセ
なんだか、ライブでみると、ビジュアルがいいんだよなぁ。いつものことだが、見る方も見せる方も楽しくて輝いちゃうのかもね
[PR]
by pine_shore | 2010-09-19 00:16
BECKを観た

Bandモノというだけで熱くなる予感大な上に、あのメンツを揃えられちゃ腰抜けになるやも知れず、1人で行く気満々だったが、見終わった後熱く語れる相手がいないとフラストレーションが溜まると思い、急遽デート。サンきゅう〜


案の定…

キタ〜!!!久々、キタ〜!!!

突っ込みどころはあるにせよ、補ってあまりあるストーリー(漫画読んでません)、感情移入はオーバードライブ

あ、このスタジオ、あそこじゃん。この部屋入ったことある!ってだけで嬉しかったり
水嶋ヒロ、かっけ〜、レスポール弾く姿がかっけ〜、ソロがぁチョーキングがぁかっけ〜 音艶サイコ〜だったり
向井理かっけ〜、ベース弾く姿がかっけ〜、ベースフレーズやべ〜、ビート最高!だったり
コユキかわいい〜、子犬のようなきょとんとしたアーモンドアイにやられた〜、テレキャス練習する姿がか〜い〜、歌はそうくるか〜、だったり
中村蒼いいヤツ〜、ドラムうめ〜、チバは桐谷君本人としか思えない〜

キャスティングは素晴らしくハマってますね。キャスティングだけだった20世紀少年とは大違い
そしてメイちゃんの執事、再びな感ある、トライアングル攻撃はヤバイっす

で、なんといってもBandサウンドがカッコいい
もう、映画見ながら身体動いてましたね、ライブシーンは大泣きましたさ
いろんな想いがアチコチでシンクロして…


レディースデーなのに、イケメンボーイズがやたら多かったのも、アガリましたわ

勢いフォトブック等を大人買い
壊れました…自分
[PR]
by pine_shore | 2010-09-18 10:52
9月になっても暑かった今年の夏
まだまだ「海水浴」ってぜんぜん行けるんじゃ・・・? と思い、千葉の海へゴーしてみた。
気分は、湘南でも三浦でも伊豆でもなく、千葉館山だったのだ。


東京駅から高速バスに乗り、千葉の白浜へ。
無意識に、京葉道路を行くものと思い込んでいた
へぇ、レインボーブリッジ渡るんだぁ、湾岸から千葉に向かうのかぁ


あり? なんで千葉なのに、低空飛行する飛行機が横に見えるんだ???
この高さじゃ着陸寸前

って、・・・もしや、・・・ここは羽田空港でわ!?
ってことは・・・、このバス「アクアライン」通るの???

ひぇ~!!!

自分、閉所恐怖症でして
「アクアライン」なんて海底通るような恐ろしげなトンネルは、一生通らんでよかと!
と全く無関係に生きていくつもりだったのですが・・・


なんとしたことか、強制連行・・・


ひぇ~!!!
ジタバタしてもしょうがないので、タヌキ寝入りで「寝たふり」して、
ぜ~んぜん違うこと考えて、やり過ごす


「抜けたよ」と起こしてもらい、目を開けば、
「木更津キャッツアイ」のマスターの家がありそうな、まさに木更津の海岸線
千葉だぁ~、にゃ~!!!


ほっと一安心するうちに、ローカルな景色は流れ行き、
ビーチエリアに入るや、沖縄か?と思うような碧い海の色。
そういや、温暖化で珊瑚が北上し、館山にも珊瑚礁があるってTVで言ってたな。
ジリジリ太陽の下、美しい砂浜が続き、キラキラ輝く海。でもって、人いない~


このバス、何件かのホテルには行くが、ビーチには行かない。
終着駅で降りて、ビーチまでは1kmほど歩くことに。ジリジリてくてく

普通、このあたりは車で来るんだろうね。歩きで来る人なんて、いないよね。
などと思いながら、「誰もいない海」などと口ずさみつつ、てくてく。
のどかな海岸線が続き、ちょっとした集落の前のビーチに到着~

白っぽい砂浜に、エメラルドグリーンの海が広がり、とってもいい感じ。
しかも、ちらほら疎らに、家族連れやカップルやおじさんグループ、おじさんピンと、5グループほどしか人がいなくって、いい感じ。

家族連れやカップルは微笑ましいんだけど、おじさんグループとか、おじさん1人とかも、海で泳いだり、日に焼いたり、楽しそうにしてるのが、人生自由に楽しんでる感じで、いい味出てたなぁ
大磯に行ったときも、1人で来てるおじさんとか、おじさんカップルとか、いたよなぁ
なんて思い出す。



が、あり?「海の家」が無いよ。サイトにはあるって書いてあったけど・・・
あぁなんと、「監視員がいないため、遊泳禁止」って立て看が・・・
夏休み中しか監視員手配してなかったんだね、きっと。それで「海の家」も無いんだね・・・
でも、まだまだ夏だよぉ~!!!

みなさん、泳いでらっしゃるので、自己責任で、海に浸かることにする。


砂浜にビニールシート敷いて、水着になれば、準備OK


しかし、困ったのは、昼ごはん。
「海の家」をアテにして、海鮮食べるの楽しみにしてたんだが。

集落に食事どころはないか、探してみる。道に「定食」「ラーメン」とか看板あり。
やった~!! けど、店が見当たらない・・・
看板の矢印の方向に、車道を歩いてみる。しばらく歩くが、やはり店は無い。
次の看板が見えて来た

「矢印 直進3キロ」

ばかやろ~、3キロも歩けるかぁ~! 所詮、車用の看板なのね・・・



民宿の食堂で、板さんが仕込みに入ってるのが見えた。
窓際に寄り、じ~っと見つめてみる。眼があったので
「お昼食べれませんか?」と目線とジェスチャーで訴えてみる。
板さんに「お昼やってないんですよ」と、ジェスチャーで返される・・・。



諦めて、集落にあった唯一の店、パン屋さん系チェーンの売店で、菓子パン買ってお昼にする
え~ん、海鮮丼が食べたかったよ~、こんな魚美味しいとこで、なんで菓子パン???(涙)


d0052904_153879.jpgしかし、海は、かなり綺麗。
透明で、足元まで見えて、波が作る砂紋が美しく、日差しが海の底に作る影が、ゆらゆら美しく。
銀色の魚が、波間をぴょんぴょんジャンプするのが見え。
外洋を行く大型船が、ゆっくり通り過ぎ

ぷかぷか、波にゆられているだけで、とっても幸せ

ときおり、海岸沿いの道を、暴走族がバリバリ連なって、バイクを走らせていく
そんな族の突っ張り加減も、時代のせいか、なんだかゆるく

集落の向こうには、穏やかな里山が広がり

いいとこだなぁ



ところで、車で来ているらしき方々は、テントとか、パラソルとか、チェアとか装備十分
一方、ウチはビニールシートオンリー。歴然とした格差が

気の毒に思われたのか、撤収していたグループのお兄さんが、
ビーチパラソルを持って、ウチのシートの近くに無言で差してくれた。

「え?」(きょとん)
「どうぞ」
「え? い、いいんですか???
 あ、ありがとうございます! でも、どうやってお返ししたら?」
「いいですよ、適当に捨ててください」

えぇ~、お兄さん、そんなぁ。惚れてまうやろ、ありがとう~!(涙)


人の情けのありがたさに、感謝ですだ。


そんなワケで、パラソルを恵んでいただき、格段と快適になったビーチライフ。
海、パラソル、海、パラソル を繰り返し。
そろそろ引き上げようかなと思うが、実際パラソルを捨てるのは気が引ける。
なんせ、綺麗(たぶん、地元の方々がゴミ拾いとか整備してるんだろうと思われる)な砂浜。
粗大ゴミを置いて行くのは、気がひける・・・


そこへ、カップルがやってきた。ビニールシートオンリーの。


すかさず、パラソルを差し上げる。
さっきと同じ会話が繰り返される(笑)
喜んでいただき、こちらも一安心。


心置きなく、撤収d0052904_16097.jpg


パラソルはビーチの回りモノってことで




夕陽もきれいでした
d0052904_1303045.jpg

[PR]
by pine_shore | 2010-09-05 23:58