ブログトップ

まつ日記

pineshore.exblog.jp

まつ日記

<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

d0052904_20124460.jpg

d0052904_20124432.jpg

夏に、灼熱の名古屋に行きました。まあ、アレでナニしに行ったんですが

名古屋の暑さは、ハンパないですが、暑いの大好きなんで、喜々としてレッツ観光
イケメン武将隊がいるらしい名古屋城へ行ってみる。一応、誰かいるらしいことは確認の上

プチ歴女なもんで、城や武家屋敷や神社仏閣へは、よく足を運ぶ
昔の暮らしぶりや風景に思いを馳せるのは楽しいもの

残念ながらイケメン武将には会えず。お座敷がかかっている時とか、休憩とかで、そうそう行き会えないらしい…

ま、歴史的好奇心は充分充たされたんでいいや

東京に帰り着いたら、名古屋在住の友より、誰か名古屋に遊びに来てくれ、一緒にイケメン武将隊見に行こう!と連絡あり…

う〜む、相変わらず、自分、間が悪いのう…



で、名古屋と言えば、名古屋めし!
熱田蓬莱軒の「ひつまぶし」は外せません!
50人近く並んでいようが、並ぶ!

やっぱ美味しいや〜
今回特に美味しく感じたのは、しばらく贅沢してなかったから?

他にも、手羽先、宮きしめん、味噌煮込みうどん、味噌かつ…と、三度の食事は名古屋めし!

独特のものが多いね、名古屋
今回外した名古屋めしは、またの機会のお楽しみに
[PR]
by pine_shore | 2010-08-30 20:12
d0052904_1862839.jpg

今日から長めの夏休み♪
嬉しい!いっぱい遊ぶんだ!

ヨーロッパ企画の「サーフィンUSB」を観に行く。映画にもなった「サマータイムマシンブルース」とか、「曲がれスプーン」とかの作品で知られる劇団だ。
地球温暖化で水没した東京のビルの屋上から、サーフィンに繰り出す人々。設定と舞台の造りだけで既に面白い。

作者と役者のトークショー付きで、長い間モノ作りを共にしてきた間柄ならではの互いの信頼感が漂う雑談が楽しい


劇場を出たら、素晴らしい青空!タイ料理で灼熱気分をヒートアップ

日暮まで、公園木陰でナツイチ読書。吹き抜ける風と蝉の声が心地よく、遠くに聞こえるパーカッションの音。生足が蚊に刺されて痒くなるのも夏気分

しあわせです。夏女パワーが漲って来たようです! 久々に元気な自分を感じてます
[PR]
by pine_shore | 2010-08-05 18:06
先週、夏風邪を引いてしまった

熱があると、気温より体温が高いから、暑いと感じないんだな

ハスキーボイスになると、周りへのアピール度が高く、心配してもらえて楽

今回は休めなかったので、薬に頼ってしまったが、さすが効くわ。西洋医学の対処療法も使いよう。しかし、方動けて助かるけど、逆に治りが遅い気も…

咳がいまひとつ抜けない

不思議なもんで、プレゼンや歌には支障が出てない。気合いの問題??
[PR]
by pine_shore | 2010-08-04 11:32
ドゥードゥルMasterが、今週金曜のライブをもって活動を休止する

今日は、ほぼワンマンライブとなるライブの、最後のリハだった…。20曲くらい通してみる。ある曲で泣きそうになる…。

当日やばいかも…


号泣するかもしれません…


8月6日(金)
代々木ザーザズー
[PR]
by pine_shore | 2010-08-03 18:10
暑いね、陽射しが強いね、空が青いね、白い入道雲がふわふわで、夏本番!今年は暑いけど夏らしい、いい夏だ

海の日に、大磯に海を見に行ってみた。海水浴は砂砂ベタベタ後が大変なんで、浜辺の散歩。水着NG体型という別事情もあり…(笑)

電車に揺られて小1時間。海水浴発祥の地へ。前から憧れていたが、と〜っても長閑な町で、祝日なのに人出も少なく最高!

駅前に、元エリザベスサンダーホーム(今は私立学校)があり、岩崎弥太郎の孫娘の志に思いを馳せる。

駅前に古い洋館のイタリアンレストランがあり、海を見ながらゆ〜ったりラ〜ンチ。美味しくて既に至福

浜に出てみると、海水浴の砂浜、防波堤に釣り人のいる漁港、子供で賑わうプール、岩が点々続く磯と、コンパクトに揃っていて、1日楽しめそう

少し離れれば、浜はほんとに人が少ない。独り占め状態の海は碧く、左手に江の島、三浦半島、さらには房総半島まで見渡せ、右手は伊豆半島、広重や北斎の浮世絵に出てくる形さながらの箱根のお山に、富士山!

大磯西側のこの浜あたりは、明治〜昭和にかけて、政財界のお歴々の別荘が林立していた地。吉田茂とか、白州次郎や、三井財閥、三菱財閥。こんな景色を見ながら浜を歩けば、さぞ大局的視野で物事を考えることが出来ただろう
団塊のひとつ上世代のお偉いさん達に、東海道沿線湘南界隈に住んでいる人が多いのは、そんな先達によるブランドイメージゆえか

しかし、砂浜というのは柔かすぎて歩きにくい
ソールが硬くないと歩きにくいと言うが、地面もある程度固くないと歩きにくいもんで

吉田茂別荘までいくのは諦め、街中へ。東海道は両側を松並木に囲まれ、これまた53次浮世絵の世界。

島崎藤村が晩年過ごした家が公開されているので立ち寄る。長野のイメージが強い藤村だが、晩年は大磯の貸別荘(と言ってもちゃんとした一軒家)が気に入り、ここに暮らしたそう。こじんまりとした気持ちのよい家

あまりの暑さに、冷たくて甘いものプリーズな気分になり、駄菓子屋の縁側で、氷アイスをしゃくしゃく食べる

あ〜いい夏散歩だった
[PR]
by pine_shore | 2010-08-03 18:04