ブログトップ

まつ日記

pineshore.exblog.jp

まつ日記

<   2007年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

「雪やこんこん」のメロディーでお楽しみ下さい

せ~きやこんこん、まだまだこんこん
(薬)飲んでも、飲んでも、まだ咳止まぬ
よくなりゃ、外を駆けずり回り
ぶりかえして、布団で丸くなる

か・な・り、よくなったけど、抜けません

今日はリハで、「広島方面では百日咳が流行ってる」と脅かされた・・・
100日ってことは、あと・・・   どんだけ~!!!
[PR]
by pine_shore | 2007-05-31 00:00
先週は「BABEL」を観た。 4つのストーリーが時間差で進んでいくと聞いていて、すごく入り組んでて分かり難いんだろうか・・・と危惧していたが、すごく分かりやすくて重面白い話だった。
面白いには、重面白いと、軽面白いがある。 前者は、深く考えされられ感銘を受ける面白さ、後者は軽妙で明るい気持ちになれる面白さ。
ある登場人物の台詞 「悪いことをしたんじゃないの、愚かなことをしただけ・・・」。 人間は愚かなことをしてしまう。 ほんのささいな(積もりだった)ことが、巡り巡って、とんでも無い結末をもたらしてしまうとしても。 

今週は「しゃべれども、しゃべてども」。 重くも軽くもなく、淡かった。 ほのぼの系とでもいいましょうか。 登場人物の心情が読みきれず、きっと原作を読むとその辺が分かって、面白いんだろうな、本屋大賞を取った本だし。 浅草の町屋の佇まいと、八千草薫の下町おばあちゃんが暖かい。 売れない落語家が、古典落語が好きで、しゃべりたい一心でやってる んだが、客に届かない。 彼のヘタさと、「化ける」瞬間が、見事に演じられていて、太一君やるじゃ~ん と、感心。

来週は何を観にいこうか・・・観たいのは「クィーン」「赤い文化住宅の・・・」「パイレーツオブカリビアン」「初雪の恋」「プルコギ」「ゲゲゲの鬼太郎」「こわれゆく世界の中で」・・・「スパイダーマン3」は1,2をDVDで観てからで・・・週1本じゃ追いつかないっす
[PR]
by pine_shore | 2007-05-30 23:00
古田新太、田中裕子 をはじめ芸達者がずらずらっと揃ってたら、そりゃ観に行くでしょ。 チラシ観た瞬間、行きたいと思いましたから。 シアターコクーン。今年に入ってから、コクーンの芝居は全作観ている気が・・・。 チケットを手配してくれる友人に感謝です。
井上ひさしが30年以上前に作った脚本を、蜷川幸雄が演出したもの。
時代もあって、放送禁止用語多発なのですが、劇場という閉ざされた空間なら許されるのかな?
江戸時代の盲人社会の階級制度を、初めて知りました。

綱をうまく使った演出は、蜷川さんのものかと思ったら、原作からだそうで。  

古田新太は、二枚目でもスリムでも無いのに、立ってるだけでカッコいいんだよなぁ。 足が長いからかなぁ。 出来る男のオーラが放たれているからでしょうか。 どんな役もこなしちゃうし。 素顔を知らないだけに、気になる存在。 カーテンコールで、いつも茶目っ気たっぷりに手を振るのが、また可愛いんだよなぁ。

そして、田中裕子は、キレイで色っぽかった。 歌もうまかった。 さすが、ジュリーの妻(?)
最近は、普通のおばさんの役が多かった彼女ですが、どうしてどうして、さすがの美貌と色気です。

段田安則、六平直政、山本龍二は1人何役もこなして、さすがに上手いし。 壌晴彦が、語り部として、物語を進めるが、非常に低くて通る良い声で。 当り前がだ、基本がしっかりしている人のパフォーマンスは、素晴らしい。

ただ、語りを少なくして、芝居で見たかった気もする。 語りに役者がリアクションつけて、その場はおしまいなんて部分もあり、これだけ役者がそろってるんだから、同志の台詞の応酬が観たかったな。

あと、結構歌が入るのだが、それも歌声喫茶風のノリの。 これが、まるで「ひょっこりひょうたん島」を見ているようで、まぁ分かりやすいし、CMソングのように耳に残りやすいのだが、全体の物語のトーンを、ぶつ切りにしてしまってる気もした。 息抜きと、救い(明るい空気を吹き込む)のには、功を奏しているのかも・・・。


この舞台も、ギター1本で、アコギとエレキを使い分けながら、琵琶や三味線のような音を出したりしてて、「あてふり?」と思ったほど。 とてもギターの音には聞こえなかったなぁ。 すげ~


しかし、映画と比べて、芝居は、一度にたくさんの事象が目の前で繰り広げられるので、すごく集中力を要する。 集中力が途切れると、すぐ睡魔が襲ってくる。 困ったもんだ。


今日は、客席に、八嶋智人さんと、山崎 一さんが仲良く連れ立って観に来てた。 観劇の楽しみって、こういうところにもあるのよね。 ミーハーとしては。 必ず誰か来てるから。 でも、山崎さん、吾郎ちゃんのお芝居に出てる真っ最中では? と思いきや、今日は休演だったんですね。
[PR]
by pine_shore | 2007-05-30 20:00
今日は、3人で、表参道の632でランチ

燦燦と降り注ぐ陽射しに、風がそよそよ爽やかで

表参道の裏通りのショップを、いろいろ見て廻り

cafe STUDIOで、デザート

女の子(注:突っ込み禁止!)同志、カフェで、ランチやお茶しながら、とりとめの無い話をするのって。。。楽しいよね

デートしてくれる人がいるって・・・幸せです。 いつも、ありがとう♪

女の子は、彼氏とも、こんなデートがしたいと思ってる。 きっと
でも、彼氏のペースや、したいことに、合わせちゃうんだよね。 我慢して。 
そんな隙間を、女の子同志で埋める(笑)
[PR]
by pine_shore | 2007-05-29 00:00
以前、観てたTVドラマ「味いちもんめ」(中居正広主演)で、親方が言った言葉
「料理は、工夫と始末」 (ちょっと違うかもしれないが)
工夫とは・・・、結果やプロセスを、自分なりに考えること
始末とは・・・、無駄を出さないこと

ヘアサロンで出会った、ある料理研究家の方が言ってた
「お料理は、実験と研究の積み重ねなのよ」
こんな楽しくて奥深いことを、放棄する人がいるのが、信じられない と

医食同源。 健康は食から。

まぁ、言いたかったのは、出かけたくなかったので、堅くなったフランスパンを使って、冷蔵庫のアリモノで、パンプディングを作ったぞ・・・ってことで。 パンを捨てずに、ちゃんと始末。 見た目にも工夫して、美味しく出来たよ。

でも、ぺろりと平らげてしまい・・・ダイエット的には、マズイんでは・・・?!! と後悔先に立たず
d0052904_034278.jpg
 
[PR]
by pine_shore | 2007-05-28 00:00
d0052904_22485036.jpgお天気の良い日に、ベランダご飯か、公園ご飯。 

ベランダに、椅子やテーブルがあるワケではないのです。 ウッドデッキの上にべたっと座るだけ。 でも、ベランダで食べると、数倍美味しいんだ。


d0052904_22501157.jpgお弁当作って、近くの公園で食べるのも、これまた美味しいんだ。 この公園、広葉樹が多くて、ここは日本じゃない!っていう、異国に行った気分にさせてくれる。

5月は木々の緑が一番美しい季節だと思うのです。


d0052904_22534940.jpgところで、桜の木に、赤い実がなってるんですけど、・・・これって、さくらんぼ? これを鳥が食べてるらしく、上から落ちてくる鳥さんのウ○○が、・・・赤いの!!! 
[PR]
by pine_shore | 2007-05-27 00:00
だいぶサボってしまった…。いろいろあったんで埋めていきます

木曜はリハの日。眼が充血してて、コンタクトレンズを受け付けないんで、眼鏡で出かける

着いた途端、メンバー3人声を揃えて

「あれ?眼鏡…
眼鏡っ娘、萌ぇぇ~!!」

って…
そんなリアクション世代なのね…(^_^;)

姉さんとしては「アンジェラアキみたい」とか期待してたワケで。一応ピアノ弾きだし。
キャラ的に無理な相談か・・・(爆)
しかし、始めてだったっけか?眼鏡姿は…?
[PR]
by pine_shore | 2007-05-24 23:54
稲垣吾郎主演の舞台。 毎年コンスタントに舞台やってますねぇ。

初めて吾郎ちゃんの舞台を観に行ったのは・・・10年以上も前? あの時は、同じ空間にその人が生身でいる。 実在の人物なんだ~と改めて思う興奮で、ドッキドキだったけど、・・・あの頃の吾郎ちゃんは線が細くて素晴らしく美しかったし、・・・今はそんな初々しい初心はどこへやら。 平然と観てる自分に呆れる。 人間、狎れは良くないな。 初心を大切に!

自分には才能があると信じる自信家だが、実際は全く売れない小説家。 きっと、道具が悪いんだと、借金をして万年筆を買う。 途端、恋も小説も成功してしまう。 が、さらに欲が出て恋人を裏切って金持ちの娘と結婚。 地位も財産も手にいれるが、ある日万年筆を亡くしたことから・・・というお話。 

軽佻浮薄で浮気性の小説家が、吾郎ちゃんにはぴったり。 多分この脚本は、アテガキなのでしょう。 脇を芸達者が締めてるので、安心して楽しめる舞台になってた。 でも、NYが舞台なんだけど、日本人が外人役を演るのは、どうも馴染めなくて。 その分、心底入れなかったのが残念 
[PR]
by pine_shore | 2007-05-22 00:00
2週間も前の話ですが・・・

amberは、
16日は、本八幡3rdStage(千葉県)
17日は、西川口Hearts(埼玉県)
にてライブを行い、今回のツアーサポート終了。

普段なかなかタイバンでは巡り合えない、いろんなバンドとの出会いがあり、
リハ含め、いろいろ勉強になった、濃密な日々でした。

超楽しかったな~


本八幡は、6バンド出演で、若くて元気なバンドが多かったな。 特に、Spyralcallっていう激ウマギターキッズのいるポップロックバンドが、素晴らしかった。 リハでギターフレーズ聞いた瞬間、みんな「こいつ、すげ~」ってな反応で。
で、制服のハイスクールボーイズ4人組がお客さんにいて、それはもう、きらきら輝く瞳で、めいっぱい吸収して、感激してるのを見たら、もうこちらまで相好が崩れてしまったよ。

名物という噂の鯛焼き、美味しかった。 もう1つ挑戦したいのがあったけど、お腹に余裕が無く断念。


西川口heartsは、大宮から4月に移転したばかりの、おニューでキレイな平屋(倉庫を改造)のライブハウス。 小さい学校の出来たての体育館?講堂?みないな空間。 カフェスペースがあって、トイレとかホテルみたいで、楽屋もキレイで
この日は、レンタカーに器材を積み込んで、5人でGo!それこそツアー気分。
タイバンは、女の子ボーカルのバンドばかり。 JangleJumっていうメジャーデビューしてるファンクなバンドが、いぶし銀のプレイヤー揃いで、好みでした。


LHBのライブ含め、10日間で4本のライブ。 とっても充実してて幸せです。
しばらく腑抜けになりそうです。  ・・・実際、しばらく白い灰になりました。
[PR]
by pine_shore | 2007-05-17 00:00
YUIの曲をBGMに。 あ~なた~にお~くる~、バースデ~ソーングよ~

大家庭料理大会。 みんなで競って作る料理は楽しいよ。

下北のガード横の八百屋さんは安い! ついつい、8本100円のキュウリとか、85円のニガウリとか、7個で150円のトマトとか、特価品を主婦買! 両手に持ちきれないほど野菜を買っても、1600円・・・。 安いよ! 引き換えお肉はやっぱ高価ざんすね。

料理を囲んで、「いただきます」の図は、まるで一つ屋根の下。 誰が誰だ?
[PR]
by pine_shore | 2007-05-15 00:00