ブログトップ

まつ日記

pineshore.exblog.jp

まつ日記

<   2006年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

すっかり更新をサボってましたが、普通に元気です。 なんだか気忙しいですが。
仕事は、急な呼び出しはあるものの、殆どオフになり。極端な緩急だが、年中縦走状態で殆ど麓に下りることが出来なかった現役時代に比べると、高い峰を越えればいずれ休息が取れるのはありがたい。

d0052904_18391414.jpg堤真一・常盤貴子主演の「タンゴ冬の終わりに」の楽日を観にいく。蜷川幸雄演出の舞台を見るのは初めてだ。
第一線で活躍していた俳優(堤)は、3年前突然引退して、生まれ故郷である日本海に面した町のサビれた映画館に戻っている。地元で家業を守り続けた弟と、自由奔放に夢を追いかけた兄(・・・って、「ゆれる」の逆パターン。普遍的なテーマなんだな~)。
兄は(多分戻る前から)精神を病んでおり、酒におぼれ、幻覚に囲まれて狂気の世界に住んでいる。弟は兄を歓待し優しく接しているけど、心の奥底では軋轢もあり。
兄の妻は、夫を追って町にやってきて一緒に暮らしている。もはや「妻」とは認識されず、早逝した「姉」と間違われ「姉さん」と呼ばれていても。
そこに、兄の元愛人(常盤)がやってくる。彼は愛人の記憶は無いが、その可憐な姿にたちまち虜になる(そりゃ、もともと好きだったんだからね・・・)。妻は、愛人の存在を容認している。夫の回復に良かれと思い、かつ、最後は自分のところに戻ってくると信じているからだ。妻の執念を感じる。決して快く思えないだろうに、そう振舞う妻の姿がイタタタ・・・。 最終的には、彼の心が自分には戻らないことを悟った時点で、「もう降りる!」とキレて幕を引いてしまうんですが。 哀しいなぁ。 
堤さんは、よれよれにくたびれてたり、無邪気な笑顔を見せたり、とってもセクシーでヤバカッタです(笑)。舞台(タンゴ)に映画(メトロ)にドラマ(セーラー服)に、仕事いっぱいしてるよなぁ。気になる俳優さんの1人です。
さびれた映画館を舞台に(一場二幕ものですね)話は展開していく。

タンゴが切なく響き、日本海の冬のうら寂しい感じや、男の狂気の世界を想像させる演出が光っていた。といっても、台詞劇だったもんで、途中寝ちゃった私です・・・いかんなぁ(爆)
[PR]
by pine_shore | 2006-11-30 18:32
K大で働いてる友人の昼休みに合わせて、ランチをしに出かける。前回は学食で食べたんで、今回は学外の、いい感じの和食屋の檜のカウンターにて。 で、さすがF沢Y吉先生のお膝元、門外の和菓子屋に「学問のススメ」なる最中が売っており、「頭良くなるかな?」とつい購入。

その後、以前通ってた銀座のヘアサロンに、基礎化粧品を買いに。ちょうど、料理研究家のお客様の差し入れ(おにぎり、漬物等)を、オーナー・スタッフ・お客様数名が囲んでたところで、「いいところに来たね、一緒にどうぞ」と薦められ、結構お腹いっぱいだったけど、美味しいものは意地でも頂くの心構えで、料理研究家の方のお話を伺いつつ、小一時間ほどまったり過ごしてしまう(^^;
オーナーに「優しい、いい顔つきになった。仕事辞めて良かったね~」と言われる。 う~ん、確かにそうかも。

で、銀座で働いてるemiちゃんを突撃して、やはり小一時間ほど営業妨害?サクラ?し、ウチに帰って個人練した後、リハに出かけたのでした。
[PR]
by pine_shore | 2006-11-29 00:00
日曜は、朝も早よからリハだったりする。といっても、下北沢で10時からだけど。私にしては早起きだ。
寝ぼけた身体に、キーボードは重い。が、幸い、うまい経路を見つけたんで、階段は最小限。エレベータはありがたい。
昔、通勤時に、階段を駆け足で一気に上れるかで、その日の調子を測ったもの。それを目撃した後輩に、「朝から無駄な体力使って・・・」と呆れられたが。 今は、キーボードをハグしたまま、一気に階段を上れるかがバロメーターとなっている。

リハ後帰宅し、遅いお昼を作って食べ、ふとソファに寝転がったら・・・寝不足もあって、一気に落ちる。寒いんだけど、毛布を取りに起き上がれない。極限まで寒くならないと起きれない。やっとの思いで、毛布をかけたら、もう極楽の午睡。 昼寝したの・・・何ヶ月ぶりだろう。
[PR]
by pine_shore | 2006-11-26 00:00
お昼過ぎ、下北沢に猛のオーディションライブの応援に行く。今日のドラムは、太鼓のタイ君。模倣ではない、オリジナルでメロディアスなドラミングで素敵。後ろから応援の声がするので、猛人気あるな~と思ってたら、昼休みに駆けつけた同胞だった。終わった途端、正体を明かして、すぐさま立ち去るなんて、カッコいいじゃないか。

ライブ後、前から行ってみたかった「mois cafe」で、まったり。住宅街の中の普通の一軒屋で、木のぬくもりが落ち着く。

少々時間が空いてしまい、デンジャラスゾーンの、デンジャラスタイム・・・。 下北の街を歩き回れば、両手に紙袋がどんどん増えていってしまう・・・。 古着屋でコートを2着も・・・ゲッツ。

H姉妹としばし合流して「ericafe」へ。ここも、前から行ってみたかったところ。

高円寺に移動して、プチデッドストック観戦。BeatMotors、東京スポーツマン、サンドマン、バンドオブグリマーズ。若手もベテランもいい味出してて、途中から大モッシュ。大騒ぎ。いい汗かきました。まるで「文化祭の後夜祭」状態。めっちゃ楽しかった~! 何故か声が枯れてます。
[PR]
by pine_shore | 2006-11-25 00:00
千住には8年くらい住んでたことがある。その時、すっかり下町っ子になった。

仕事帰りにふらっと立ち寄って、ひしめき合うカウンターで名物の肉豆腐をつまみに、ボトルキープしてる焼酎をひっかける。 そんなスタイルで、独り酒を楽しむ方が多い名店が「大はし」。 店名は千住大橋から。 カウンターの中には大きなそろばんを操る名物親父と、多分何十年と使い込まれ、汁が切れたことは無いであろう肉豆腐の大鍋。 少し前までは、まさに老舗の風格漂う佇まいだったが、今は新装ビルになってしまって小奇麗に。 ここの肉豆腐が食べたくて、行ってしまった。全く呑めないんだけどね。

千住には「吉田屋」という、特大の大福屋もある。 これまた名物親父が、ひたむきに1日中作り続けている大福は、ごめんなさい!という程あんこが詰まってて、必ず買ってしまう。 いつお迎えが来るとも知れない(ように見える)親父さんが、背中をまるめて、揺れながら大福を作る姿に、「これぞ生涯現役!」と、とてもリスペクトしてた。 今日通りがかったら、店が見当たらず、猫の額のような更地が・・・。 もしや・・・。 涙がつつ・・・と流れてしまった。

そして千住には「やりかけ団子」という、これまた美味しい、みたらし団子がある。 「仕事やりかけ団子~」(オヤヂですんません)などと言いながら食べたもの。 本来の意味は、旧千住街道(日光街道)筋にある店で、参勤交代のお伴が槍を立てかけて休んだから「槍かけ団子」。 これを買って、荒川の土手に座って食べるのが、お決まりのママチャリコースでした。

千住にはケーキ屋もカフェも無かったな。 最近は出来たみたいだけど。
[PR]
by pine_shore | 2006-11-24 00:00
えっと今日は、勤労感謝の日だったっけ?

ゆっくり寝て、ゆっくりたっぷりご飯食べて、TVの前でラグビー早慶戦を観戦して、新監督(実は3月まで会社で席が背中合わせだった御仁)の雄姿にエールを送り、急いで今日やる曲のコード進行覚えて、雨の中傘も持たんとチャレンジャー精神でリハに臨む。 っていうか、キーボード押しながら傘は持てんて。

リハは楽しい。次のライブに向けて、燃えてきました!
[PR]
by pine_shore | 2006-11-23 00:00
会社で、今朝、私の机の下から、携帯電話を握り締めた腕が見えたそうだ。
それを見た若手女子社員Aは、私が徹夜して泊り込んだのだと思ったそうだ。 そんな、一応女子なのに。。。まあそういう光景は、当たり前に有り得る職場なのだが。 なんせ、Aは徹夜明けで成田に直行して、ホノルルに飛んで、フルマラソン走って帰って来て、そのまままた仕事するようなツワモノだし。
しかし、そんなことは絶対しない! 私は必ず一度は帰る! と否定。
じゃ、その腕は一体誰だったんだろう・・・ 

などと、思いながら、今夜も粛々と残業。
終わって、帰ろうとしたら・・・、「ドアが開かない!」
ふと気づけば、とっくに12時を回ってる。
し、しまった。シンデレラルールがあることを忘れてた!休日前は、12時過ぎると閉じ込められるんだった! このまま出れないと、それこそ、机の下で寝るハメに・・・。 Aが今朝見た姿は、実は、明朝の私の姿だったのかっ! おぞぞ・・・

などと、しばし怯えたが、そこは冷静に、同じフロア内に明かりの灯ってる箇所は無いかと探してみる。
遠くにかすかに明かりが! おおっ! 天の助け!
行ってみれば、若手女子社員Bが1人で深夜残業してるでわないですか。
ウチの女子は働き者が多いんすかね?

「私が居て良かったですね」と、無事、送り出してもらいました。
ホントです。助かりました。あなたが居なかったら、アウトでした。ありがとう。
[PR]
by pine_shore | 2006-11-22 00:00
久しぶりに聴いた。しかも1時間たっぷり。満足です。大久保HOTSHOTにて。
思わず「うんうん、あるある」と唸ってしまう歌がいっぱい。 これだけの歌を編み出せる由美ちゃんは、いったいいくつの恋をしてきたんだろうと、思わず突撃インダビュー。まあ、そこはそれ、経験と空想の産物だそうで。 にしても、凄い創作力に感心する。
今日は、初めてメンバーさんとも話ができて、新たな一面を知ったのでした。

ライブ前に、韓流タウン大久保ならではの韓国料理「梁の家」にて夕食デイト。プルコギとタコの赤辛い鍋に、鶏肉の唐揚甘酢風味。どちらも美味。もっと大人数で行けたら、いろんな種類が食べれて良かったのにね。この店のメニューは、まだ全然制覇できてないんで、また行こう♪
[PR]
by pine_shore | 2006-11-21 00:00
日・月は寒い雨の日だった。こんな日は、ついつい、うつむいて歩いてしまう。いかんなぁ
日曜は朝早くからリハ。眠いので帰って寝るつもりが、ゴソゴソ片付け物をしてるうちに夜。また出かけて、モンキーミスウッドのライブ観戦。毎回良くなってて、勢いづいてる。
月曜は仕事をさっさと片付けて、雲九のシェルターライブ。その前に、雲ギャルズ(?)でパスタディナー。3人で酒立ち走り込みをしてたという雲九は、登場時から緊張感と気合がみなぎってて、満員御礼のライブハウスは、熱気上昇。 あっという間の6曲。 走り抜けた。 MCが少ないストイックなライブは、クール。 普段の姿とのギャップがいいんだよね。
ちょっとした、わだかまりも解けて、楽しい宴となりました。
[PR]
by pine_shore | 2006-11-20 00:00
新婚の従兄弟が、奥さんと、奥さんの妹さんと一緒に遊びに来てくれた。 従兄弟は仕事で移動中、ウチの前の交番で道を尋ねたことがあるらしく、「まさか、ここだったとわ!」と驚いていた。 お嬢さん達は可愛くて、一気に妹が増えたようで嬉しいなりなり。 

今日のご馳走メニューは、キノコとベーコンのガーリックソテー乗せサラダ、小あじの南蛮漬け、紫芋のボタージュ、鶏肉と豚肉のオーブン焼きに、貝ご飯。 揚げるだけ、煮るだけ、焼くだけ、炊くだけの簡単料理ばかりだ。 どれも美味しいと言って食べるくれる気遣いに感謝。 ビストロスマップじゃないが、「美味しい~」の一言が一番ありがたいんだよね。 作り手としては。

誰かが遊びに来てくれると、ウチの中がキレイになる。 これも嬉しい効果だ。 いつもキレイにしておけるのが、あるべき姿だとは思うのだが、外圧が無いとなかなか出来ないもんで・・・。 この勢いで、もっと整理整頓したいもの。

夜はLHBリハ。 曲作りは楽しい。 自分の引き出しは、あまりに少ないけど。
キーボードを1台にしてみたが、どうもイマイチ。 音もイマイチ。 悩みどころ・・・。 
[PR]
by pine_shore | 2006-11-18 00:00