ブログトップ

まつ日記

pineshore.exblog.jp

まつ日記

<   2006年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

とうだい、そう東京大学。 に行ってみたい!という人がいたので、ツアー敢行。
東京大学の本郷キャンパスは、とある事情で、くまなく探検したことがあり、結構詳しい。 緑が深く、建物がレトロで、お気に入りの場所でもある。 確かに行き慣れてしまえば、平然と歩けるが、初回は緊張するかも。

d0052904_1251961.jpgd0052904_125358.jpg赤門から入って、キャンパス内を散策、三四郎池で憩い、安田講堂で人目も気にせず記念撮影。え~え~怖いもの無しですわ!
しかし日が長くなりました。 19時でこの明るさ! 私の知らないうちに、もしかしてサマータイム導入されてる?

お目当の売店で、グッズをしこたま購入。 もとはといえば、私がここで買った東大ボールペンを使っていたのが、今回のツアー企画のきっかけ。 え?何これ?どこで買えるの?ほしい~ → じゃ行こうか

学食でディナータイム。 学生標準の定食はボリュームありすぎ。 しかも格安。 主菜級のおかず3品にご飯と味噌汁で500円。 税金払ってるんだから、利用させてもらわないと。 残すことのできない性分なので、完食してしまい、明日が怖い。
今回の3人組、世代はそれぞれ違えど、共通の話題があったりして、なかなか楽しい組合せ。新しい出会いがあるって、素晴らしい!
[PR]
by pine_shore | 2006-05-31 00:00
モンキーミスウッドのライブ。パワフルでクールでワイルドでアメリカン。音楽的知識に乏しいので上手い言い表し方がわからない。 間違いなく男性ファンが多そう。だけど、私はこういうワイルドで男っぽくて、ルーツ系の音楽が好きなんだな。 8曲も聴けて満足だ。 ボーカルさんが、かなり、ギタリストからボーカリストになった気がする。

高円寺には良く行くけど、意外と食道楽をしていない。ので、今日はアジアンレストランに挑戦。美味しかった♪ 少しずつ踏破したいなり 
[PR]
by pine_shore | 2006-05-30 00:00
ぱくりだ、悪いか。
なんだかとっても眠くて、ぐだぐだしてるウチに、今更出社するのも・・・な時間になって、仕事に行くのが億劫になる。行ったけど。早めに行かないと、行き難くなるね。
ライブ後の初リハ。今日はあたいのストラトちゃんが登場。私が弾いたんじゃないんだけど。 弾き手に恵まれると、ちゃんといい音出して、まだまだやるじゃん、この子。 ストラトちゃんは「可愛い」と散々褒められて、嬉しげにしてた(・・・ような気がする)
またまた新しい感じのが出来そうよ。楽しい~
[PR]
by pine_shore | 2006-05-29 00:00
試験を受けてみたものの・・・頭の回転速度とか、集中力とか、設問文章読解スピードとか、落ちまくっているのを実感。 100問中80問やったところでタイムアウト。あぁっ! 1.25倍のスピードが必要なのね・・・。 これは、秋にリベンジかも。。。

d0052904_21141979.jpg気分も脳みそも、しおしおのぱ~になったので、リセットすべく「かもめ食堂」を観に。 小林聡美演じるサチエの生き方が、淡々としてて、でも基本はしっかりしてて、夢もあって、カッコいいのだ。 フィンランドで日本食堂をやるって設定だからこそ、伝わるものもある。 ご飯を美味しそうに食べる人で満席になるのが夢なんだけど、その夢がかなった時のチョイ見せ笑顔がいいのよ。 毎晩通ってるプールで、水に浮かびながら、無表情に「満席達成」とつぶやいた後の演出が泣けるのよ。

すっかり、美味しいおにぎり、または、美味しいご飯におかずが食べたくなって、帰って作る。 豚肉アスパラ巻しょうが焼き風味。 ご飯が進むおかずは美味い! 試験のことなぞ、記憶の彼方で、リセット見事成功。 来週を乗り切る英気も蓄えたぞっと。 

ハラゴシラエして行くのだ(form かもめ食堂 キャッチコピー)
[PR]
by pine_shore | 2006-05-28 00:00
d0052904_1230863.jpg左から、虎虎焼、国宝羊羹、うなぎパイ。それぞれ、伊勢、松本、浜松のお土産。こうやって勢ぞろいしてると、なんだか、嬉しくなっちゃうのです。

一夜漬けで試験勉強・・・したとろこで、気休めにすぎないけど(笑)。 
持ち物確認。 鉛筆、消しゴム、時計よし! 後は、当たって砕けろだい。

あっとほーむは、どっとこむに似てる。え?似てない?
[PR]
by pine_shore | 2006-05-27 00:00
d0052904_12425038.jpgシェークスピアの「マクベス」を、ヘビメタでたっぷりコーティングアレンジした、劇団☆新感線の舞台を観た。 松本で1回観てるから、今日は2回目。 宮藤勘九郎脚色、いのうえひさのり演出。

ESP王国レスポール王の下、敵国フェンダー国・ギブソン国と戦う、勇者ランダムスターと盟友エクスプローラー。 な~んて固有名詞が並ぶだけで、ツボをくすぐられてしまう。 どうしてESP王国にレスポールとグレコがいるのか、なんて細かいことは気にしない。 フェルナンデス、ヤマハ、トーカイ、パール、マーシャル、ムスタング・・・と出てくる出てくる。

マクベスという題材に、これほどヘビメタが合うとは!驚きました。 縦ノリの舞台と聞いていたけど、観るまでピンと来なかった。 が、まさに縦ノリ。 出演者ムチウチにならないかと心配になるほど、首を縦振りしちゃうし。 しっかり生バンドがついてるし。 極上のロック・ショウです! 座って観るのは、かなりの苦痛。 4時間のショウが終わる頃には、軽く難聴。

そもそも新感線いのうえ氏は、大のヘビメタ好きで、メタルサウンドに載せて芝居をやりたい! というのが劇団の出発点だったと聞いて、納得。 幕前にかかる音楽は、いつもジューダス・プリーストなんだそう。 そりゃ、テンション上がるって。

で、今回の劇中歌は全てオリジナルのメタルティストの曲。 メタルフリークの友曰く「元ネタがだいたい想像できる」そう。 作詞はクドカンで、台詞とネタが程よく交じり合った歌詞。 お約束の「Death」とか「殺す」とか「Go To Hell」とか満載なワケで。 まあマクベスって暗殺の嵐だし。 それはそうと、ダジャレって意外とメタルに合うのね。 おバカな内容でもシャウトされると説得性があるから不思議。

d0052904_12473128.jpgお話は2206年の設定でマクベスをベースにした話と、1980年代のジャパメタバンド「メタルマクベス」の話が錯綜したもの。この「メタルマクベス」のビジュアルがまたツボで・・・ → 右から、マクダフ北村、バンクォー橋本、マクベス内野、ナンプラー。マクダフ北村のビジュアルがかなり好み。 左端のナンプラーは粟根まことさんなんだけど、彼だけマクベスの登場人物名じゃない。バンクォー橋本は金持ちの息子で、たまたまエクスプローラー持ってたからメンバーに入れたけど、実はギターが弾けないのでタンバリン担当とか。いちいち細かい設定がツボ。 

実は私、ヘビメタって食わず嫌いだったのです・・・。 先入観で、ウルサイ・音がキタナイ・コワイ・クライといった偏見があって、殆ど聴いたことが無かったんですね。 こんなに、すかっと爽やかな気分になれて、心地良くお腹の底にずしんと響く音楽だったとは! いろいろ聴いてみたくなってしまいましたよ。 でもCDよりライブ映像の方が、面白そうだな。 

舞台は音楽だけでなくて、衣装もメタル仕様、舞台装置も重厚な鋼鉄仕様で、何もかもが暗い重いメタルの世界に統一されてて、暗くて重いマクベスの話と妙にマッチ。

松本で観た時に、なんとなく引っかかって入り込めなかった部分が、殆ど修正されていて、今日は違和感無くかなり楽しめた。 既に筋が頭に入ってるから、コネタを満喫できる という説もありますが。 やっぱ舞台はライブ、生もの、どんどん進化する過程を観るのも楽しいもの。

全然書きたりないけど、キリが無いので。
あともう1回観れる予定なんで、残りはそのときに。 
[PR]
by pine_shore | 2006-05-26 00:00
d0052904_22569.jpgってほど、まだ全開ではないが。 前々から、晴耕雨読ではなく「晴遊雨働」、または「夏遊冬働」が理想の生活。 と、思っていた。 運良く梅雨時は仕事漬けとなりそうだ。

今日は仕事は早々に終わりにして、神保町にある紅茶の美味しいお店に寄って帰った。
忙しくなってくると、こんな店でちょっと一杯やって帰りたくなったりするかな? →
呑めないってこともあり、1人でこんな店に入ったことは無し。
[PR]
by pine_shore | 2006-05-25 00:00
叔父にお別れを言ってきました。大好きだったモーツアルトのピアノ曲が流れていました。
ピアノの調律では第一人者であったようで、内外のプロのコンサートやレコーディングで調律を担当していて、いつも忙しく世界中を飛び回っていた という印象があります。
たまに会うと「ちゃんと遊んでる?」と聞かれたものです。 その問いかけには、一度きりの人生、好きなことを思い切りやりなさい というメッセージが込めらていたと思っています。

花を沢山もらってきました。。。 活けながら想い出に浸ります
d0052904_0245472.jpgd0052904_0259100.jpgd0052904_0252216.jpgd0052904_0253744.jpg







個人的には、右から2番目のが好み。
[PR]
by pine_shore | 2006-05-24 00:00
え~毎度バカバカしいお笑いを一席。 ショーボートをホームグランドにしているバンドを、ショーボートバンドなどと申しますな。 LHBも多分そうなんでしょうな。 実際、とても演り易いワケでして。 お友達バンドと一緒のブッキングにしてもらえることも、あるってなもんですな。。。

と落語のくすぐりのような出だしになりましたが、きっとそれは、「お伊勢参り」帰りの友人に「虎虎(ことら)焼」をお土産に貰ったからに違いない。 このキーワードでピンと来た人は、かなりのマニア(笑)

足をお運びいただいたお客様、本当にありがとうございました! お陰様で、とっても楽しいライブになりました! 予想以上に大勢の方に聴いていただけて、嬉しかったです。 もっと気持ちよく楽しんでいただけるよう、頑張りまっす。

今回は、LHB、THROW、Sandman と3バンドで、知った仲ってこともあり、終始和やかなムードで(<って披露宴かい!)楽しかったです♪ しかし、THROWも、Sandmanも、上手すぎ!カッコ良すぎ! 身の回り、目標だらけだ。先は長いぞ。 

セットリスト
1.plastic fever
2.光を・・・
3.「ダリララ」
4.より深いところへ
5.Otokotachi no Melody
6.いつのまにか

d0052904_23335084.jpgd0052904_2334775.jpg







実は朝方敬愛する叔父が他界し、お祭り気分では無かったのですが、音楽に生きた人だったので、ジャンルは全く違いますが、追悼の気持ちを込めてやりました。
[PR]
by pine_shore | 2006-05-22 00:00
土・日とも、最高気温が25度を超す夏日だった! 青空が広がって太陽の光が降り注ぐだけで、とても幸せになる。世界が輝いて見えるから不思議だ。 こういう5月を待っていたんだよ~

ベランダで陽に当たりながら植物いじりをしたり、寝転がって日光浴したり。 住宅事情ゆえ、洗濯物や布団が陽に干せないのが、なんとも悔しい。 日光消毒できるのは人間本体だけ(^^;

こんな日は散歩も楽しい。 裏路地を行き当たりばったりで、探検気分で歩くのが好き。 初めて歩く道は、なんだかワクワクする。 家並や緑を見て歩いていると飽きない。 思いがけず絶好の風景に出会えたりする。 休みの日だから、人気もまばらで、強い日差しの下、穏やかな時間が流れる。 うっすら陽炎が漂うような、こんな昼日中が大好きだ。

d0052904_11403297.jpgすぐ幸せになれるので、「安い奴!」とよく言われる。。。 きっと褒め言葉に違いない。
夏っぽい花を買ってみた。両手に抱えるほどあって、破格の300円。やっぱ自分「安い奴」かも。 → 

しかし、1時間も歩くと汗だくになり、家に帰ると軽く熱中症ぎみ・・・。 情けない。。。
[PR]
by pine_shore | 2006-05-21 00:00